松澤 昭

Matsu_trim

Akira Matsuzawa
センター長

経歴:
1978年,東北大学大学院 工学研究科電子工学専攻 博士前期課程修了,同年松下電器産業に入社。以来,中央研究所,半導体開発本部などで,超高速A/D変換器,DVD用デジタルリードチャネルなどのアナログ,アナ・デジ混載LSIの設計開発などに従事。 1998年より半導体先行開発センターGM(部長職)。世界初のビデオ用10ビットA/D変換器(ADC)をはじめとして,デジタルTV,携帯型VTR,DVD,液晶ディスプレー,ビデオカメラ,デジタルカメラ,携帯電話,電子計測器などに用いられるアナ・デジ混載LSIなどを開発。世界初の完全ワンチップDVD用アナ・デジ混載LSIシリーズは累計5.2億個が出荷され,2,500億円の累計販売額。
2003年4月より 東京工業大学 大学院理工学研究科 電子物理工学専攻 教授。
量子ナノエレクトロニクス研究センター長(’11~現在)。教育工学開発センター長(’12~’14)。
大学改革本部ディレクター(’14)
専門は「RF・アナログ・デジタル混載集積回路設計技術」
A/D変換器などのアナログCMOS回路設計や,60GHz帯ミリ波CMOSトランシーバの研究開発を進めている。60GHz帯トランシーバは28Gbpsの世界最速の無線通信を実現した。
電子情報通信学会 英文論文誌編集長 (’92, ’97, ’03, ’05),集積回路研究専門委員会 委員長(’07~’09),SSDMプログラム副委員長 (’99~’00),ISSCCプログラム委員(’01~’03),エレクトロニクス実装学会 副会長(’08~’10) IEEE SSCS Japan Chapter Chair (’09~’10)などを歴任。IEEE,電子情報通信学会,エレクトロニクス実装学会の会員。内閣府ICT-WG委員。
IR100賞(’83),注目発明賞(’94),R&D100賞(’94),IEEE Fellow Award(02),IEICE Fellow Award(’10),東工大教育賞(最優秀賞)(’15)などを受賞。博士(工学)(’97,東北大学)。

研究室:
工学院 松澤・岡田研究室
URL: http://www.ssc.pe.titech.ac.jp

著書:
“Fully-Depleted SOI CMOS Circuits and Technology for Ultralow-Power Applications,” Springer, 2006年  共著
「基礎電子回路工学」電気学会 2009年 単著
「応用電子回路工学」電気学会 2014年 単著
「アナログRF CMOS集積回路設計 基礎編」培風館 2010年 単著
「アナログRF CMOS集積回路設計 応用編」培風館 2011年 共著
「はじめてのアナログ電子回路 基礎回路編」 講談社 2015年 単著

担当している科目:
・「コンピュータアーキテクチャ」電子工学科 3年後期 準必修 2単位
・「集積回路工学」電子工学科 3年後期 選択 2単位
・「技術者倫理」電子工学科 4年前期 準必修 1単位
・「VLSI工学」電子物理工学専攻 前期 2単位(1/3)
・「電気的モデリングとシミュレーション」電子物理工学専攻 前期 選択 2単位(1/15)
・”Mixed Signal Systems and Integrated Circuits” 電子物理工学専攻 後期 選択 2単位

趣味:
読書,執筆,旅行,食べ歩き,音楽,オーディオ,写真,美術,カラオケ,ゴルフなど

一言コメント:
大学教育にイノベーションを起こしましょう。