室田 真男

murota-w200

Masao Murota
教授

経歴:
1986年東京工業大学工学部電子物理工学科卒業,1991年同大学大学院博士課程電気電子工学専攻修了。工学博士。1991年4月から1997年3月まで株式会社東芝に勤務。1997年4月より東京工業大学 大学院社会理工学研究科 人間行動システム専攻 助教授,2007年4月同准教授(名称変更),2011年7月~11月オレゴン州立大学 客員研究員,2011年8月フィンランド ユヴァスキュラ大学 客員講師,2012年4月より東京工業大学社会理工学研究科 人間行動システム専攻 教授。教職科目実施委員会委員長(2012年4月~現在),2015年4月開設の教育革新センターを兼務。教育工学の教育・研究に従事。日本教育工学会 理事(2007-2015),同評議員(2003-2007,2015-現在),同大会企画委員会委員長(2011-2013),電子情報通信学会 和文論文誌D編集委員会 副委員長(2009-2010),IEEE Education Society Japan Chapter Chair(2009-2011),等。電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ 活動功労賞(2011),ICCE Best Physical Poster Design Award(2012),等。

研究室:
リベラルアーツ研究教育院 社会・人間科学系
URL:http://www.mr.hum.titech.ac.jp/

担当している科目:
学部(教職に関する科目)
・「教育工学II」,「マルチメディアと学習環境」,「教職実践演習」,教育実習関連科目
大学院
・「Web学習システム論(Web-based Learning System)」,「Webデザイン演習」,「教育システム研究プロジェクト」