西原 明法

Nishihara

Akinori Nishihara
協力教員

経歴:
1973年東京工業大学工学部電子物理工学科卒業、1978年同大学大学院博士課程電子工学専攻修了。工学博士。1978年より東京工業大学に勤務。工学部電子物理工学科、理工学国際交流センター、教育工学開発センター等を歴任し、社会理工学研究科人間行動システム専攻教授を最後に2016年3月定年退職し名誉教授。現在は工系人材養成機構(HAPPIER)特任教授。2015年4月開設の教育革新センターを兼務し、現在は協力教員。ディジタル信号処理や教育工学の教育・ 研究と、人財養成事業に従事。

IEEE Region 10, IEEE東京支部、IEEE Japan Council等の理事を歴任。電子情報通信学会企画理事(2007-2009)、総務理事(2011-2013)、IEEE Region 10 Director-Elect (2017-2018)等。

電子情報通信学会論文賞(1999)、IEEE Third Millennium Medal (2000)、LSI IPデザインアワードIP賞(2002)、IEEE Fellow (2003)、電子情報通信学会フェ ロー(2003)、Distinguished Service Award for IEEE Student Activities (2006)、東工大教育賞(2010)、東工大工学系教育賞(2014)、科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞理解増進部門(2016)等。

東工大SAGERobogals TokyoIEEE WIE JapanIEEE TOWERS等顧問。

研究室:
工学院
URL:http://www.nh.cradle.titech.ac.jp/

著書:
基礎電気回路演習(昭晃堂、1984、共著)、高度並列信号処理(昭晃堂、1992、共著)
マルチレート信号処理とフィルタバンク(科学技術出版、2001、翻訳主幹)
Applications of Adaptive Filtering: Recent Advancements in Active Noise Control (InTech, 2011, 共著)