【レポート】教育革新シンポジウム(2016)

11月1日,教育革新シンポジウム「CITL Institute2016」が,東工大レクチャーシアターで開催されました.このシンポジウムは,平成27年4月に開設した教育革新センターの一年半の活動を振り返り,海外の大学の動向と共に,今後の教授学習支援の姿を考えることを目的として行われており,今回は2回目となります.学内外合わせ100名近い大学関係者,教職員が参加し関心の高さを改めて認識する機会となりました.

当日のプログラムは,以下のとおりです。
開会挨拶 三島良直 学長
来賓挨拶 文部科学省高等教育局国立大学法人支援課
山田泰造国立大学戦略室長
教育革新センター活動報告(2015年度—2016年度上半期)
(1)2015年活動総括
松澤昭 教育革新センター長・教授
(2)FD等活動報告
渡辺雄貴 教育革新センター・准教授
(3)オンライン教材開発,MOOC報告
森秀樹 教育革新センター・准教授
(4)GSAによる学生との協働のご紹介
室田真男 リベラルアーツ研究教育院・教育革新センター・教授
(5)2016年度下半期及び2017年度に向けて
松澤昭 教育革新センター長・教授
田中岳 教育革新センター・教授
Keynote1: (レクチャー) “Innovations in Teaching and Learning Across Career, Campus and Scale”(同時通訳あり)
Richard Freishtat氏 Director, Senior Consultant, Center for Teaching and Learning, UC Berkeley
Keynote2: (レクチャー・ラウンドテーブル) “世界的潮流と今後の大学教育をデザインする”
鈴木克明氏 熊本大学大学院教授システム学専攻 専攻長,教授
(ラウンドテーブル)
田中 岳 教育革新センター・教授
室田真男 リベラルアーツ研究教育院・教育革新センター・教授
森 秀樹 教育革新センター・准教授
渡辺雄貴 教育革新センター・准教授
閉会挨拶
丸山俊夫 理事・副学長(教育・国際担当)

== 当日の様子を振り返ってみましょう ==

はじめに,三島良直学長より開会挨拶があり,東工大の教育改革の進捗状況と,その成功に向けてCITLの役割への期待が語られました.
当日の来賓として臨席された,文部科学省高等教育局国立大学法人支援課の山田泰造国立大学戦略室長から,「世界トップレベルの研究活動と,高等教育における教育・学習支援の充実の重要性を見据えた教育革新センターの活動は大変意義深いものである」と激励がありました.
お2人の挨拶を受けて,松澤昭教育革新センター長から,本センターの趣旨説明として,「教育力強化を目的として設置されて1年半が経つが,活動に対する責任の大きさを実感しながら,世界レベルの教育の実現に向けて,センター教職員一同努力をしている」旨の挨拶がありました.
引き続き,教育革新センター活動について,教育革新センター教員から以下の順に報告いたしました.

(1)FD研修の実施状況,授業評価アンケートなど,センターの1年間の活動について
(2)FD活動の詳細について,FD活動をする上での活動目標,教員に求める能力などの
検討結果を踏まえた研修設計について
実際のFD研修の内容(科目設計法セミナー,新任教員セミナー)や,これまでの研修への参加状況(東工大の約4分の1の教員が参加している),事後調査の結果について
(3)本学の特徴でもある,ティーチングアシスタントとの協働によるコンテンツ制作プロセス,これまで開講したMOOCの受講者プロフィールなどについて
OEDOでティーチングアシスタント向けに行った撮影や編集のためのワークショッ
プについての紹介
(4)学生アシスタント(GSA)による学びのコミュニティの構築に向けた取り組み
(リベラルアーツ研究教育院で大学院生を育てて積極的に学びに関わってもらい,学び合い,教え合い,語り合いを通して,お互いを尊重しながら相互に成長していくコミュニティを形成する取り組み)の状況について
(5)今後の活動について:TAデベロップメントへの協力,教育質保証のためのPDCAサイクルの確立,反転授業等の実現に向けたDIYの環境整備,教育の質向上に向けたシステマティックな体制の構築を目指す

CITL活動報告の後,Keynote 1及びKeynote 2がありました.

Keynote 1では,カリフォルニア大学バークレー校(UCB),ディレクターのリチャード・フライシュタット氏による講演,“Innovations in teaching and learning across career, campus and scale”が行われました.神経科学・脳科学に基づいたユニークな事例から,学習の中でイノベーションが起きる仕組み,UCBにおけるリサーチユニバーシティとしての教授学習支援の実践内容などについて判りやすく説明いただきました.

Keynote 2 は熊本大学大学院教授システム学専攻 専攻長,教授の鈴木克明 氏によって,“世界的潮流と今後の大学教育をデザインする”と題した講演が行われました.最近の人材育成の世界では,知識の教育から,学び方を教えることへとシフトしていること,学習者の特性を理解して学び方を教えていくことの必要性などについて,講演されました.

その後は,鈴木先生を司会としてラウンドテーブル形式で教育革新センター教員との意見交換が行われました.鈴木先生からセンター教員への「問いかけ」に従って,登壇者が順に発言していきました.センターでの活動の悩みや手応えなど本音の意見が飛び出し,終了後には,参加者から「ラウンドテーブルの時間が足りなかった」というご意見をいただきました.来場された方からのアンケートも5段階評価で4を上回っており,大変好評でした.

教育革新センターは,世界レベルの教育の実現に向けて,今後も引き続き鋭意努力いたします.

 

IMG_0472

会場の様子

IMG_0776

写真は2015年活動総括をする松澤昭センター長

IMG_0643
カリフォルニア大学バークレー校のフライシュタット氏

IMG_0674

熊本大学の鈴木先生

IMG_0721
鈴木先生の進行による教育革新センター教員とのラウンドテーブル