センター長ご挨拶

 4月1日、教育⾰新センターが創設されました。設置目的と担当業務を以下に記します。実施体制は十分とは言えませんが、充実に努め。本学の教育の質の向上に寄与していきたいと思っております。

設置目的
 本学では現在、28年度からの開始を目指し教育改⾰が進められております。現在、学院・系・コースなどの組織体制や、クオーター制などの教育システム、新たなカリキュラムの概要がまとまった段階です。これらはいわば教育の骨格を固めた段階と⾔えるでしょう。
 しかし、教育改革の目的であるグローバルに通用する人材を育成する教育を実現するには、教育の質を上げることが不可欠です。この教育⾰新センターは本学の教育の質の向上を図るために設立されました。本センターが担う主な業務を以下に記します。

 ・教育の質保証体制の構築
 ・教育方法の開発およびその普及
 ・教育能⼒の開発及び向上支援
 ・教育学習環境の開発及び教育支援

 これらの業務を主体的に行うことにより、本学の教育の質の向上を図っていきたいと思います。次に各業務の概要を記します。

担当業務
 ・教育の質保証体制の構築
 ・系・コース設計、授業設計、シラバス、ポートフォリオなどの基準案の策定
 ・海外の有力大学との教育ベンチマークの実施
 ・教育活動企画・集計・評価,改善への提言
 ・授業評価の実施、データ解析とフィードバック
 ・人間力測定、学修ビッグデータ解析とフィードバック

 各種教育活動の評価、解析、フィードバックにより、データに基づく教育改善を行います。

 ・教育⽅法の開発およびその普及
 ・アクティブ学習法の開発
 ・オンライン学習法の開発
 ・教育へのICT活⽤法の開発
 ・学⽣と共同で作る教育⼿法の開発

 先端技術の活用や、学生参加による新しい教育手法を開発します。

 ・教育能力の開発及び向上支援
 ・FD/SD/TADの教育研修の企画実施(20回/年程度)
 ・BC、UQなどによる英語による教育研修の企画実施(6回/年程度)
 ・アクティブ学習などの新たな教授法に関する教育研修の企画実施
 ・各種教育マニュアル(科目設計法,英語授業法など)の作成
 ・授業に関する個別相談

 教育に関する各種研修の企画と実施を通じて、教員、職員、TAなどの教育能力の向上を図ります。

 ・教育学習環境の開発及び教育支援
 ・MOOCs/ edXのコンテンツ企画、撮影編集、配信、環境整備
 ・オンライン講義の企画・作成支援
 ・アクティブ学習スペースの企画運営、利用促進

 オンライン講義の振興や学習スペースの利用促進を図ります。

                            教育⾰新センター⻑
                            松澤昭