CITL-TokyoTech

Logo Center for Innovative Teaching and Learning, Tokyo Institute of Technology
JP
EN

イベント

2017 教育革新シンポジウム(終了しました)

概要

【テーマ】21世紀の大学像と学生の学び

日時:2017年10月17日(火)14:00-17:45

場所:東京工業大学 デジタル多目的ホール, メディアホール(西9号館)

概要:2015年から数えて第3回目の開催となる本シンポジウムは,
   「21世紀の大学像と学生の学び」をテーマとして開催します。
   21世紀の大学像とは何か,またそこでの学生の学びはどう変化し,どう支援できるのか。
   アメリカ先進事例や東工大で行われている取り組みから,学内外の高等教育関係者とともに,
   教授学習支援方策を考える機会としたい。

対象:本学教職員・学生・他大学教職員など

内容:14:00-14:05   開会挨拶
   14:05-14:15   趣旨説明
   14:15-15:15   基調講演(同時通訳あり)
            Dr. Stephen Harmon
            “Trends in Higher Education in the US and Georgia Tech Response”
           (アメリカの高等教育の動向とジョージア工科大の対応)
   15:15-15:40   ケーススタディ1
            「GSA(Graduate Student Assistant)制度」
   15:40-16:05   ケーススタディ2
            「自己調整学習能力を育む学習支援」
   16:05-16:50   休憩(ポスターセッション)※
             ※ポスターセッションでは,CITLの活動報告や,学内の取り組み,
              アクティブラーニング支援制度採択授業の取り組み紹介,
              創造性育成科目等の取り組み,CITL協定校の取り組みなどをご紹介します.
   16:50-17:40   ラウンドテーブル
            「21世紀の大学像と学生の学び」
   17:40-17:45   閉会挨拶
   18:00-      情報交換会(希望者のみ,会費制)
            コラボレーションルームにて

 

《申込みに関する注意》
情報交換会に参加ご希望の方は,申込み入力フォームの「連絡事項、質問など」欄に,
<情報交換会参加希望>とご記入ください。
会費は3000円となります。

 

ダウンロード:教育革新シンポジウム2017 パンフレット

申込み

教育革新シンポジウム
実施日時 H29.10.17 14:00‐17:45
会場 デジタル多目的ホール, メディアホール(西9号館)
定員・対象者 本学教職員・学生・他大学教職員など
内容(講師)

21世紀の大学像とは何か、またそこでの学生の学びはどう変化し、どう支援できるのか。アメリカ先進事例や東工大で行われている取り組みから、学内外の高等教育関係者とともに、教授学習支援方策を考察する。

講師:Dr. Stephen Harmon / Georgia Institute of Technology (ジョージア工科大学)